アメリカに引っ越す

元ミニマリスト、アメリカへ引越し準備中

日記:アマゾンで本しか買えなかった時代をご存知だろうか

Amazonが書店だった頃

皆さんは御存知だろうか、アマゾンで本しか買えなかった時代を。

2000年頃までは、本を買うときはまず店頭に行って、該当ジャンルの棚を見つけてそこにあるかどうか見てみる、なかったら店員さんに聞いてみる、それでも無かったら店頭で取り寄せを頼む(ものによって2週間~1ヶ月とかかかった)か、出版社に電話して代引きで送ってもらうとかそんなものでした。

そこにアマゾンが登場して、「アマゾンで頼んだら1週間で来た」とか喜んでいました。
今振り返ると隔世の感あり...( ´∀`)

本に限らず、通販は全般に時間のかかるもので、月曜に頼んで金曜に来たらもう来たとびっくりしたり、オンラインでなく注文書に品番を書き込んで郵便で送り、品切れですとはがきでお返事が来たり...( ´∀`)

今はなんでもある

たしか、Amazonは書籍の次に電化製品を扱い始め、その後化粧品や日用品が揃い始めたと思います。
そして実店舗より安くなっていきました。

私も週に2~3回注文していましたが、ものを減らし始めてからは月1回程度になりました。 

最近ヤマトのニュースが気になるので、通販でしか買えないもの以外は通販を避け、なるべく実店舗で買おうかと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村

(広告)