読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい部屋に引っ越した

ワンルームで安く気楽に暮らす

洗濯機問題、小型全自動か、ミニサイズの2層式か、脱水専用機か

引っ越して1ヶ月、まだ洗濯機を買っていません。手洗いとコインランドリーを併用しています。

1.何を解決したいのか

  • うちはエレベータがないので、コインランドリーの帰りに洗濯物をもって階段をあがるのが面倒
  • 洗濯機がいっぱいになるまで待つと着るものがなくなる
  • ということで手洗いしているが、手で絞ると乾くのに暇がかかる。洗濯自体より絞るのがめんどい

2.1 買うとしたら選択肢は

洗濯機置き場はベランダにあります。スペースが小さいので、国内メーカーの洗濯機は置けません。そこで選択肢は

  • ハイアールの4.2kgサイズ全自動(3.3kgよりこっちのほうが安い)
  • ハイアールの3.3kgサイズ全自動(小ささが魅力)
  • マイウェーブ・ダブルというミニサイズの2層式(小さくて無駄がないのが魅力、洗濯自体はちょっと手間)
  • 脱水専用機を買って、手洗いしたものを脱水

2.2 それぞれの長所

  • 全自動は、洗濯自体がかんたんなのが何より。
  • 2層式は、バケツに水を張る要領で水位を自由に決められるので、下着1組からでも無駄なく洗濯できる。洗濯時間はツマミをひねって調整するだけなので、レーヨン混のストレッチ生地のものは2分くらい回してあとはつけおき等、調整しやすい。全自動に比べて小さいので、ものを所有する圧迫感が小さい。タオルケットやシーツも洗濯できる模様
  • 脱水専用機は小さい、普通の不燃ゴミに出せる、洗濯が室内で完結する、圧迫感は小型2層式よりさらに小さい

2.3 短所はなんだ

  • 洗濯機は全自動、2層式とも廃棄の際は業者に頼んで廃棄してもらうか、リサイクルショップに売るか(電話1本、引き取り当日に30分待機程度の手間だから、そんなに面倒がることは無いのだが面倒)
  • 2層式の欠点は洗濯槽→脱水槽に自分で洗濯物を移す手間で、洗濯→脱水→すすぎ→脱水→すすぎ→脱水と複数回移し替えることになる。夏冬にベランダの洗濯機置き場でごそごそするのは面倒そう。移し替えの手間についてはすすぎ1回の洗剤に切り替えれば減らせるが、ちょっと手はかかる。
  • 脱水専用機は洗濯ができない。シーツやタオルケットなんかは手洗いが面倒だからコインランドリーを併用することになる

3.何を優先するか

  • 全自動なら手間を減らせるが、ベランダが半分埋まるのと、大きいものを所有する面倒さがある
  • 2槽式も処分は手間だが、小さいので物を所有している圧迫感が小さいのと、2槽式を自分で使ったことがないので、おもしろそう
  • 脱水専用機を使えば、手洗いの手間の半分は消える。欠点ありでも仕事の半分が済むなら結構いい話
  • ものを増やさないことを最大限重視なら、どれも買わない

4.コインランドリーの話

すぐそこの24時間コインランドリーは、8kg1000円で洗濯から乾燥まで一体。出費はやはり気になりますが物が増えない良さと、1時間で乾燥まで終わる良さはあり。ただし8kgいっぱいまで溜めるほど衣類を持っていないので無駄が多い。

少し離れたところのコインランドリーは、4kg200円でお手頃だが面倒。

5.おもしろそうな方にしようか

  1. 物を持たない生活へのコミットメントとして手洗い・コインランドリー利用を続行
  2. 脱水機だけ導入して、コミットメントをちょっと簡単にして続行
  3. 2層式で遊んでみる
  4. すなおに全自動を導入する

おもしろいのは2と3.おもしろい方にしようかな。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

(広告)