アメリカに引っ越す

元ミニマリスト、アメリカへ引越し準備中

築40年のマンションに住んで家賃を節約

家賃の節約のために築40年のマンションに引っ越したが、とくに問題なかった話

1.築40年ってどうよ

駅近で生活便利な場所で手頃な家賃、部屋は狭くて構わない、3点ユニットOKという条件で探した今の部屋。希望にピッタリですが築40年です。結論からいうと別に問題ありませんでした。

2.普通に管理されていれば問題なし

内覧したときに注意して見たのは、

  • 外壁、外回りのいたみが放置されていないか
  • 共用部分に私物が放置されていないか
  • 共用部分は清掃されているか
  • ベランダにゴミが積み上がっていないか(外から見て見えるかどうか)
  • 室内は補修されているか

どれも問題ありませんでした。自転車置き場も整備されていて、放置自転車もなく好感。

室内については、備品の家電も極端に古いようなことはなく、台所の電熱ヒーターはIHに取り替えてもらえたので問題なし。

3.水回りの掃除はちょっと頑張った

管理会社による有料の「清掃、消毒」はお断りし、自分で掃除しました。室内は常識的な範囲内で清掃されていたので特にすることは無し。

冷蔵庫の中は、引越会社の見積もりでもらった食卓用クリーナーで10分程度かけて清掃。流しは、蛇口のハンドルの中が汚れていたので入居後に分解掃除しました。 

詳細は食生活に関するサブブログに投稿してあります:

aminikitchen.hatenadiary.com

浴室は、壁の一部をのぞいてそんなに汚れている印象はなかったものの、毎日掃除してみたところベージュからクリーム色に1段明るくなりました。古いだけあると思ったのはそのくらい。

4.物件次第ですね

傷み方は物件次第ですが、新築の安普請なら快適というわけでもないので、築年数が古いだけで避けることはないと考えます。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

(広告)