小さい部屋に引っ越した

アメリカへ引越し準備中

ゴミ箱を廃止してみた―ミニマリストのゴミ箱事情

f:id:abookshelf:20150630161819j:plain

1DK時代のゴミ箱の変遷

・台所 フタ付きゴミ箱→生ごみは袋詰めして冷凍庫へ、その他はフタ付きのゴミ箱へ→生ごみの冷凍は継続、ゴミ箱を廃止して可燃袋を直置きに

・居室 大きめのゴミ箱1個、ゴミ箱の底にレジ袋常備。捨て最高潮の頃は、押入れの前に別途可燃袋1個常備

・洗面所・トイレ 小さめのゴミ箱各1個

現在のゴミ箱事情

・台所 生ごみはポリ袋に入れて口をくくり、冷蔵庫に(部屋の備品の冷蔵庫は冷蔵専用で、冷凍庫がついていない)。その他は床においた可燃ゴミ袋に投入(ゴミ箱なし、ゴミ袋だけ利用)

・居室 机の横の引き出しの上に1個置いていたが、袋を直置きすることにした

・風呂・トイレ お風呂の壁にマグネットがつくので、袋をマグネットでくっつけて利用

ゴミ箱を使っていた理由

  1. 床にレジ袋を直置きすると何となくジャマな気がした
  2. ゴミ箱の底にゴミ袋をしまっておくと便利だった

机の高さに袋を置けるようになったので1番は問題なく、ゴミ袋は引き出しにしまえるようになったので2番も問題なし。

ゴミ箱をなくしてみて

まったく問題ありません。なんで今まで持ってたのか不思議です。

2015年6月追記:

引き続きまったく問題なしです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

(広告)