小さい部屋に引っ越した

アメリカへ引越し準備中

本を捨ててさっさと引っ越したほうが得だった―42mのプチプチロールを買って本を売った話

本を梱包するために42mのアウトレットプチプチロールを購入してほぼ使い切った話

アマゾンのマーケットプレイスで本を売って減らした話

だいぶ前の話ですが、本を減らすにあたってアマゾンのマーケットプレイスで売ろうと思い立ちました。当時まだマキシマリスト志向だった私は、コストコで買った3Mの透明梱包テープ6巻セットを引っ張り出し、楽天で注文した42m巻のアウトレットプチプチシートを装備して事にあたりました。

処分の基準

  • 3回以上読みなおしたかどうか

3回読んだものならまた読む値打ちがあるだろうと思って残しました。今のところこれで正解の模様。

マーケットプレイスの良いところ

  • オークションと違って写真を取らなくていい
  • 相手に連絡しなくても、購入されたら自動的に生成される納品書で相手の住所がわかる

面倒なところ

  • 納品書を印刷するためにプリンタが必要

梱包と発送

私が出品していた本はほとんどメール便では送れない厚さだったので、厚さは気にせずプチプチで包んで3Mの梱包テープで止め、(紙袋で自作した)封筒に入れてゆうメールで発送していました。

ゆうメールの場合、封をせずに窓口へもっていって中身が本であることを確認してもらうか、封筒に窓を開けて本であると確認できるようにしておくかどちらかです。

窓を開ける場合は、先に梱包テープを貼ってからはさみで切り抜くと破れません。

やめた理由

  • 本が減って満足した

  • 一度ゆうメールが行方不明になり、相手方が返金では満足せず新品をすぐ宅急便で送れ等うるさかったので嫌気が差した

  • プリンタを処分したくなった

という理由で、やめどきだと思ったのでやめました。

手間に見合う売上があったか

さっさと家賃半額の部屋に引っ越したほうが金額的にはお得でしたが、当時は本をただ捨てるのが惜しかったし、内職的にコツコツ作業したい気分だったのでまあ良かったと思っています。

残ったプチプチは

残ったぶんは割れ物の処分と引っ越しの梱包に使いました。

その後、思うこと

家賃の安い部屋に引っ越せば毎月数万は浮くので、ちまちま売ろうとするよりさっさと引っ越したほうが合理的です。

でも本は本棚1個分ぐらいはあってもいいやと思ってます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

(広告)