アメリカに引っ越す

アメリカへ引越し準備中

身軽な生活を夢見て買ったもの、やったこと―アホなことしたな(´∀`)

昔やったアホなこと

衣装ケース代わりに大きなスーツケースを購入

「移動の多い生活」に備え、レンタル落ちスーツケースを購入して衣装ケースとして使っていました。
飛行機の受託手荷物最大サイズだったので、おそらく90Lサイズです。
古いタイプで本体が重くて、いっぱいに詰めると押し入れから取り出すのに力が要りました。
また、スーツケースは開くと2倍の面積になります。
開くたびに床をかなり占領されて都合が悪かったです。

スーツケースの中を整理するために、工具箱を買う

プラスチック製で中が細かく分かれているタイプの工具箱を揃えて、細かいものを整理してスーツケースに詰めようとしていました。
机の中身用に1個、薬箱に1個、身だしなみ用品に1個、裁縫道具に1個、何個あっても足りない。

やっぱアウトドアブランドでしょう

「ものが少なくて身軽な生活といえばアウトドア」と考え、
L.L.BeanNorth Face、イーグルクリーク、モンベルなんかを見て回っていました。
パタゴニアは高いので憧れだけ。
ものが少なくなったら、アウトドア用クッカーで簡素かつ健康的な料理をする予定でした。

バンダナは万能だからたくさん欲しい

定番柄のほかにチェック柄やら水玉柄やら、40枚くらい揃えていました。
薄い色は皿拭きに、
濃い色は台拭きに、
中間色はハンカチとして、
鍋つかみに1枚、
移動の多い生活になったらナイフやフォークを包むために1枚、
机に敷いて食事するために1枚、
櫛なんかを包むのにも1枚、
いくらあっても足りない(´∀`)

ふきんもバンダナみたいなもんじゃない?

吸水性もいいし丈夫だから色々使えると思い、長方形で大きめのタイプを各種取り揃えました。

麻は丈夫だからシンプルライフ的にいい

麻は綿より丈夫だし、吸水性もいいからシンプルライフ的にいい。
だからハンカチやらふきんやら取り揃えました。

手ぬぐいは言うに及ばず

季節の柄、よくある柄、変わった柄、各種集めていました。
何にでも使えるし日本のものだからたくさんあってよし(´∀`)

頼れる持ち物がいっぱいで安心

いろんな用途に使える、頼れる品物に囲まれてみたものの、普通の単機能品で十分用は間に合ってたので頼る用事がなかった。

結局、今でも使っているのは

手ぬぐいと麻のハンカチだけです。
手ぬぐいは台所→洗面所とフル活用してへたってきたので、入れ替え中です。
麻のハンカチはさっぱりして夏にはとくにいいものですが、ダメになったら買い替えはしません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

(広告)