小さい部屋に引っ越した

アメリカへ引越し準備中

ワンルームに引っ越してほぼ1年、思うこと

別に不自由なかった

去年の2月末に、1DKから6帖のワンルームに引っ越しました。
面積も家賃も半分以下になりました。
ワンルームに住むのはこれが初めてだったのでどうなるかと思いましたが、結論からいうと特段の支障はありませんでした。

引っ越し前に持ち物を半分くらいにしたのですが、それでも引っ越し直後はものが収まり切らなかったので更に減らしました。
それだけ捨てても何も困りません。

どれもその場では必要と思って買ったものですが、いったい何をどう必要と思ったのか今となっては思い出せません(;´Д`)

3点ユニットのお風呂

前住んでいたマンションは3点セパレートでしたが、今のお風呂は3点ユニットバスです。

引っ越し当初は、以前洗面所の収納に入れていたものを置く場所がなくてちょっと困りましたが、結局これも物を減らしたら困りませんでした。

強いて言えば台所か

今の部屋の台所は、100VのIHヒーターに小さい流しの、よくあるワンルームの台所です。
冷蔵庫は、冷蔵専用の47Lサイズのものが備品でついています。
要冷蔵の調味料、お味噌、牛乳等のほかに2日分くらいの生鮮品は入るので案外良いサイズだと思います。

100VのIHヒーターでは火力が上がらず、炒めものがうまくできないため、煮物やひじき等の和食中心にしています。

それはそれでできる料理の幅が広がったのでいいのですが、大きい台所のほうが料理は楽しいなぁと思います。

もし引っ越すとしたら台所確保のためですね。 

--------------------------------
料理ブログの方に、カオマンガイを作った話をのせました

aminikitchen.hatenadiary.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

(広告)