読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい部屋に引っ越した

ワンルームで安く気楽に暮らす

都会と田舎、やまだの場合は生活費は同じくらいになるかも―自分の現住地と実家地域で比較

やまだの現住地と実家はこんなところ

  • どちらも地方都市です
  • やまだの現住地は大きめの県庁所在地で、徒歩5分圏内にスーパーが4つ、ドラッグストアが6つあります。自転車で5分走ると業務スーパーが2つ、ドラッグストアが4つ増えます。
  • やまだの実家は小さめの県庁所在地で、徒歩10分でコンビニ2つ、スーパーが2つ、ドラッグストアが2つあります。

食品のお値段は

  • やまだの現住地は安売りスーパーと業務スーパーがあるので安い
  • 実家のあたりだと野菜は安売りスーパーと同じくらい?
    肉と加工食品はセールが都市部ほどでない感じ

ドラッグストアの商品、お値段比較

  • やまだの現住地だと、ドラッグストアが多いのでいつでもどこかで客寄せ用の目玉商品を出しています。洗顔料、ボディソープ、シャンプー、その他消耗品などはアマゾンの定期便より安いです。
  • 実家周辺だと、セールになってもアマゾンの定期便より微妙に高いです。

家賃は

  • やまだは市内でも家賃が安い地域に住んでいるので、4万以下でワンルームマンションを借りています(市内でも場所が違うと5~6万)
  • 実家周辺だと、ワンルームアパートなら3万以下で借りられます。
    ただしプロパンガスなのでガス代が2倍くらいになる

結論

一人暮らしのやまだの現住地と実家周辺に関する限り、車通勤しなくてすむならとんとん、車が必要なら都市部のほうが安い。

家で仕事するならどこ住んでもいい感じですね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

(広告)