アメリカに引っ越す

元ミニマリスト、アメリカへ引越し準備中

家計簿を簡単にするやまだの工夫―1つのレシートが1つの費目になるよう買い物する

食品を買うときは食品だけ

食品を買うときは食品だけ買い、日用品を買うときは日用品だけ、衣類を買うときは衣類だけ買っています。
これだとレシートの数字を費目ごとに整理しなくてよく、数字をそのまま家計簿に写せば済みます。

日用品はついで買いをせず、必要なものを書き出しておいてまとめて買うようにしたので、衝動買いも減りました。

家計簿自体は表計算ソフトで作ってます。

Amazonを使わなくなったのもこれが理由です。
2千円以上にしようとすると、費目が混ざる買い物になって仕分けの手間が発生するのでやりたくない。
書籍は大型書店まで行くか紀伊國屋書店のネットストア、その他のものはヨドバシに乗り換えました。
(ヨドバシについては数回しか使っていませんが、「何時間以内に注文したらいつ発送」と商品ページに書いてあり、発送も早くて便利です)

買い物が手間になる?意外とならなかった

「スーパーに食品と日用品で2回行くのは手間だ」と最初は思ったのですが、日用品は腐りませんから月に1回でも間に合うし、通販で買ってもいいしで手間は増えませんでした。

買い物の回数を減らす

買い物が1日1回だけなら、レシートも数字を1回写すだけの手間です。
何度も買い物すると記入が増えるので面倒なため、なるべく1日1回までにしています。

結局これが一番効きました(´∀`)
ミニマリストを目指してすごくよかったことの一つですw

忙しかったり用があったりで1日に何店もハシゴすることもありますが、費目ごとにレシートが分かれていれば数字を転記するだけなのであまり負担に感じません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

(広告)