アメリカに引っ越す

アメリカへ引越し準備中

海外で簡単に留守電が聞ける、IP電話アプリ―海外滞在、プライバシー対策にも

電話を受信できるように

現在、海外に滞在中です。

留守中に、日本のケータイの留守電を聞く方法はあるのですが(通話にはソフトバンクガラケーを利用しています)、国際電話をかけることになるのでちょっとお高い。

そこで、スマホ向けのIP電話アプリを使っています。

一番気に入っている点は、設定しておけば留守電の音声ファイルをメールで送ってくれるところです。

ip-phone-smart.jp

なんでこれにしたか

リリオさん(id:srtm3)が以前投稿していらして、これは使えると思ってブックマークしていました。

固定電話あてに無料・お安く電話をかける機能はHangoutやLineにもついていますが、これは電話番号を用意して電話を受けられる、基本利用料が無料の点が気に入っています。

料金は

電話番号の作成と基本料金
  • 電話番号を作るのは、クレジットカード1枚につき1つまで無料、2つ目から500円
  • 電話の受信は無料
  • 留守電の利用も無料
発信だけ有料
  • 発信は携帯電話、固定電話、国際電話とも30秒8円
  • IP-Phone Smart同士と指定の050番号相手は無料

基本料金がタダのぶん、通話料金は最安ではないですが許容範囲内の感じ。

受信用に用意しておくのにぴったり

受信用に電話番号を用意したい場合にはかなり使える感じです。

やまだは、マンションに何かあったときのためにマンション管理会社に一応連絡先を伝えたいと思って作ったのですが、リリオさんが書いてらしたように、プライバシー対策でSIMの電話番号を伝えたくない場合等にも使えますね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

(広告)