小さい部屋に引っ越した

アメリカへ引越し準備中

書類を処分する話―電動シュレッダーが重宝、書類溶解サービスも良かったかも

やまだが使っているシュレッダー

2009年に、コクヨの家庭用クロスカット式KPS-X80LSを購入しました。
(後継機種はAMKPS-X80LSのようです)
ときどきメンテナンスシートを食わせながら使っていますが、今でも普通に使えています。

書類の電子化に際して

買った当初は、主に宅配便の住所部分や郵便物の宛名部分の処理に使っていました。

その後、ミニマリストを目指して不要書類を処分、なるべく何でも電子化するために

  • 不要になった保険の書類
  • 古い医療費の明細
  • Web通帳にしたので不要になった通帳
  • 以前住んでいた物件の、賃貸契約の書類
  • 個人的な記録
  • クレジットカードの明細(オンライン明細に切り替える前のもの)

等々、書類を山ほど整理しました。

「オンライン銀行の紙明細」「クレジットカードの紙明細」

昔、新生銀行のオンライン口座が新しかった頃は、毎月紙の明細が送られてくる仕組みでした。
今の感覚だと、「オンラインで見られるものをなんでまた」という感じですが、当時は通帳なしの口座ってよくわかりませんでした。

長期信用銀行」という一般消費者にとっては何をしていたのか分からない銀行がつぶれて、「新生銀行」というよくわからない銀行ができて、「通帳なしのオンライン口座」という新しいものがでてきた時代でした...

なので、わりと厚手の紙に印刷した明細を毎月+年に1回去年のレポートみたいなものが送られてくる仕組みになっていました。
専用のバインダーもあったな。

クレジットカードの明細も紙で送られてくるのが普通だったので、紙の書類全部処分するのが結構な手間でした。

家庭用で十分?

100ページのノートを2冊分解して、一気にシュレッダーに掛けたときは、モーターの過熱で強制停止しましたが、それ以外で止まったことがありません。

処分したい書類が押し入れいっぱいあるとか、CD-ROMを破砕したいとかでなければ、このクラスの家庭用で足りると思います。 

使い方のコツ

  • くず受けにシュレッダーくずが半分くらい溜まったら捨てる
    (一杯になってから捨てると、捨てるときに飛び散ります)
  • たくさん使ったらメンテナンスシートを投入
  • メンテナンスシートは中に油が入っているので、くずを捨てる前に使うと吉
    (くず受けの内側に油がつくので他のくずでキャッチ)

大量にあるなら

クロネコヤマトが、書類溶解サービスをしているので利用を検討したことがあります。

機密文書リサイクルサービス | ヤマト運輸

結局利用しませんでしたが、おもしろいので今から同じ量を処分するなら、シュレッダーを買わずにこっちを使ったかも。
シュレッダーというものを持たなくていいので、これから海外に出発するというときにはピッタリだと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

(広告)