小さい部屋に引っ越した

アメリカへ引越し準備中

海外引っ越し、郵便局から荷物を送るならゆうパック用の箱が便利。本だけなら「特別郵袋印刷物」で送ると安くなるよ

調べたこと

手荷物だけで引っ越せるか、1箱送るかまだ考え中です( ´∀`)

以下、色々調べたので備忘録として記録します。
主に北米あての事情です。

  • 荷物が箱1~2個なら、郵便局から送るのが安い
  • 送り先の国によって、送ってよいものが違うので事前に調べる
  • 送り先の国によって、箱の大きさの測り方が違うので事前に調べる

宅急便と違い、送料はサイズでなく重さで決まりますが、一定の大きさを超えると引き受けてくれません。

国によって箱のサイズの測り方が2通りあり、アメリカあての国際小包は「長さ1.05m 長さと横周の合計2m」まで。

横周って何よと思うじゃない( ´∀`)
詳しくは日本郵便のこのページに図解してあります。
国際小包 - 日本郵便

ゆうパック用の箱が便利

郵便局で販売している、ゆうパック用の特大箱が縦345mm×横445mm×高さ340mmです。
横周方式で測ると181.5cmになり、規制の範囲内なのでこれは使える。
ゆうパック包装用品 - 日本郵便

郵便局から

2kg以下の荷物は「小型包装物」で送料が安いですが、引越荷物で2kg以下というのはまずないので、

  • EMS
  • 国際小包(航空便、SAL便、船便)

どちらかを利用することになると思います。

EMSは、北米あてだと3日くらいで到着するので一番早いです。

国際小包の航空便は、北米あてだとほぼEMSより高いか、せいぜい同じくらいでEMSのほうが早くつきます。
利用価値があるのはSAL便と船便あたり。

SAL便は2週間位かかって多少安い。
船便は3ヶ月ぐらいかかってだいぶ安いです。

送料、どんなもん?

北米あてでざっくりと、

10kgの荷物で、EMSは14,500円、SAL便は12,550円、船便は6750円
20kgの荷物で、EMSは25,500円、SAL便は19,550円、船便は10,250円
30kgの荷物で、EMSは36,500円、SAL便は26,550円、船便は13,750円

10キロ程度ならEMSで送っちゃっていいんじゃないかと思っています。

詳しくはこち
料金表 - 日本郵便

本だけなら安くなるって?

中身が本だけならお安く送れる、「特別郵袋印刷物」という送り方があります。
送料は北米あてで

10kgで航空便で9,000円、SAL便で8,100円、船便で4,450円
20kgで航空便で17000円、SAL便で16100円、船便で8950円
で航空便で25000円、SAL便で24100円、船便で13450円

ただし、差し出せる郵便局に限りがあります。

詳しくはこち
特別郵袋印刷物 - 日本郵便

本は箱詰めしてから専用の袋に入れるのですが、昔この袋の大きさが気になって問い合わせたら「袋によって違う」というお返事を頂いたことがありますw
とりあえずでかい袋のようだ。

以前だったら、郵便局までタクシーで10箱くらい運び込んだだろうと思います。

今は10kgくらいしかないので、どうしても使わないといけないわけではありません。
でもこの袋が見てみたいから、本だけこれで送ろうかなーと( ´∀`)

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

(広告)