アメリカに引っ越す

数学勉強中

海外滞在中に日本から電話を受けたい、留守電を使いたいなら、IP電話アプリが便利

去年と同じ

海外滞在中に連絡を受けたいときってあるよね( ´∀`)

  • 家族や友人知人ならメッセージアプリ等で連絡
  • こちらから日本に電話をするだけなら、ハングアウトダイヤルやLINE OUT等お安く電話できるアプリがある

のですが、会社相手だと今のところ電話で連絡を取るしかないことが多く、連絡を受けるなら留守電があったほうが便利です。

一般の携帯キャリアだと、いつもの携帯番号に留守電を入れてもらって海外から留守電を聞く方法があるのですが、日本の留守電センターに国際電話をかけて再生することになるので割高です。

そこで、去年も書きましたが、やまだはIP電話アプリを使っています。
(主に賃貸管理会社と連絡を取る用です)

スマホの通話料をトコトン安くする | FUSION IP-Phone SMART

留守電はウェブサイトからでも聞けるし、留守電があったらメールに音声ファイルを送信するように設定もできるので、すぐ聞けます。

日本にいる人が電話をかけてくる場合、発信者には国内通話料金がかかるだけで、国際電話料金ではないので気軽にかけてもらえるし、「留守電にしてあります」と言っておけば時差で気を遣わせることもありません。 

たくさん通話するなら他のアプリのほうがいいが

IP電話アプリでも、基本料金のあるアプリなら通話料がもっと安くなるので、日常的に日本にいる人と電話し合うなら他のアプリのほうが得になります。

やまだの場合はそんなに使わないのでこれがちょうどいいです。 

過去記事

abookshelf.hatenadiary.jp

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村