アメリカに引っ越す

数学勉強中

インディカ米(long grain rice、細長いお米)のいいところは、その寛容さ

インディカ米は失敗にやさしい

インディカ米、失敗に優しいんです。
お鍋でお米を炊くと失敗することって多いじゃない( ´∀`)
昨日もお鍋で炊いたのですが、ちょっと水が足らなかったのか火加減が悪かったのか、お米が多くて鍋の蓋がちょっと押し上げられたのが悪かったのか、芯が残ったのです。

そこで水をちょっと足して、10分追加で火にかけておくと何事もなかったかのようにきれいに炊き上がりました!
すごく寛容です。

それに、炊いているあいだにおねばをそこらじゅうに吹き上げることもないので片付けが楽だし( ´∀`)

パスタのようにゆでてザルにあげて、ザルから鍋にもどして10分蒸らす方式もあるようなので次は試してみようと思います。

やまだはこうしている

  • 炊くときに水多めにすると日本のお米っぽくなる(お米1カップに水2カップくらい)パラッとしているほうがいい時は袋の表示どおりで
  • お好みでバターと塩を入れる
  • ジャスミンライス」と書いてあるのは香ばしい香りでおいしい

日本と同じお米が欲しい場合、「スシライス」と書いてあるのを買えばOKです( ´∀`)
スシライスって最初に聞いた時は酢飯のことかと思ったのですが、日本米のことである模様。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村