アメリカに引っ越す

物が少ない暮らし

海外に手荷物だけで引っ越すには?リムジンバス利用の方はご注意!スーツケース2つまでしか預かってくれません

外国へ引っ越すにあたり、一番安い方法は?

アメリカへ引っ越すにあたり、なるべく安く上げるために無料の手荷物+αで引っ越すことを考えています。

ミニマリストとしてスーツケース1つで颯爽と飛び立ちたいところですが、荷物が2~3個はできそうなんだな( ´∀`)

*調べてる最中に、空港リムジンバスは大きい荷物を2つまでしか預かってくれないことに気づきました。
気づかなかったら当日慌てるところでした(;´Д`)

前提:機内には規定サイズの持ち込み荷物+「身の回り品」を持ち込める

ハンドバッグ、ノートパソコン等は、機内持ち込み手荷物とは別に持ち込めます。
この時点でそれなりの量の荷物は持ち込めます。

次は受託手荷物の話です。

パターン1. 無料受託手荷物の範囲内

日本⇔北米便の場合、エコノミーだと受託手荷物は

  • 1つ23kg
  • 個数は2つ

まで無料で持っていけるので、この範囲に納めれば自分の交通費だけで済みます( ´∀`)

ビジネスだと

  • 1つ32kg
  • 個数は3つ

まで無料なので、貯まったマイルでアップグレードできたらおいしい。

(あとに書きますが、空港リムジンバスは大きい荷物2つしか預かってくれないのでご注意)

パターン2. 受託手荷物をもう1つ追加-リムジンバス利用の人は注意

受託手荷物3つ目(ビジネスなら4つ目)は、北米行きの場合2万円程度の追加料金で預けられます。

ただし!空港リムジンバスは、大きい荷物は2個までしか預かってくれないようです。
つまり3つ目が積めない。

路線によって規定が違いますが、やまだが利用する路線は2つまででした。
空港までリムジンバスで行かれる方はご注意ください。

パターン2.1 荷物は空港に送っておき、チェックイン前に引き取ってチェックイン

空港宅急便、空港ゆうパックが使える空港から出発するなら、空港に荷物を送っておけばリムジンバスの荷物個数制限はクリアできます。  

なんでバスで行くの?やまだは空港まで送ってもらえないのか?

地元の空港まで家族に送ってもらってもいいのですが、地元空港出発だと乗り換えが多いか、長いか、いったん羽田に行って成田へ移動するかでちょっと面倒なのです。

関空まで長距離の空港リムジンバスが出ているので、これを使って関空から出発したほうが乗り換えも煩雑でなく、所要時間も結局少なくてラクなのだ( ´∀`)

ただ、どこから出発するかまだ決めてないので、どうするかわかんない( ´∀`)
(前も書いたけど郵便局から1箱送るかも)

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

(広告)
 

当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人であるやまだが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
極度にわいせつな内容を含むもの。
禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。