アメリカに引っ越す

物が少ない暮らし

三井住友ナンバーレスカードの海外旅行付帯保険は下位互換だった

アミティエと比べて傷害と疾病治療費用が100万→50万

またナンバーレスカードの話です。

今持っている三井住友アミティエ(以前の一般カードの女性向け版、今年から年会費がかかるようになった)と、新しくできたナンバーレスカード(カードにカード番号の表記なし、年会費永年無料)に付帯する海外旅行傷害保険を見比べたところ、内容が全体に下位互換でした。

アミティエは傷害死亡・後遺障害の1700万円分以外は自動付帯(カードを持っているだけで保険が適用される)なのですが、新しい一般カードとナンバーレスカードは全て利用付帯(カードで旅行の交通費を払うと適用される)です。

また、傷害治療費用と疾病治療費用は100万→50万、賠償責任保険は2500万→2000万、携行品損害は20万→15万、救援者費用は150万→100万です。

www.smbc-card.com

これ1枚のみにしなければいい

※下記1~3のいずれかを満たした場合、補償適用となる保険金額です。

  • 1.日本出国前に航空機、電車、船舶、タクシー、バスといった公共交通乗用具(※1)の利用代金を当該カードでクレジット決済した(※3)場合
  • 2.日本出国前に宿泊を伴う募集型企画旅行(※2)の旅行代金を当該カードでクレジット決済した(※3)場合
  • 3.日本出国後に公共交通乗用具(※1)の利用代金をはじめて当該カードでクレジット決済した(※3)場合
  • 1日本国内においては、航空法鉄道事業法海上運送法道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどを、海外においては、これに準じる乗用具をいいます。(当該旅行のために乗用するものに限ります)
  • 2旅行会社が、旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地および日程、旅行者が提供を受けることができる運送または宿泊のサービスの内容ならびに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行(旅行業法第12条の3の規定に基づく標準旅行業約款募集型企画旅行契約の部第2条第1項に規定するもの)をいいます。詳しくは旅行代理店にご確認ください。
  • 3当該カードにてクレジット決済いただく金額に定めはございません。全部または一部でもカード利用条件を満たします。

海外旅行傷害保険|クレジットカードの三井住友VISAカード

ということで、電車から飛行機チケット代から全部払わなくても一部だけ払えば適応される、よくある付帯保険になったということです。

なんと言っても三井住友カードの対応の良さは何かあったときに安心だし、「カードはこれ1枚のみ・旅行保険に別途加入することは絶対に嫌だ」とかでなければ問題ないと思います。

関連記事

abookshelf.hatenadiary.jp

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人であるやまだが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
極度にわいせつな内容を含むもの。
禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。