アメリカに引っ越す

アメリカへ引越し準備中

予想していなかった爽快感―衣類を90Lの旅行バッグ1個にまとめた感想

脳内が爽快

衣類が90Lの旅行用バッグに収まるようになりました。
達成感とともに、予想していなかった爽快感を感じています。

衣類がすべて一ヶ所に収まったことで、脳内が整理されて風通しがよくなったような感じです。

私は衣類やおしゃれに対して強い思い入れはないため、頭がすっきりすることは予想していませんでした。

脳の容量が開放される

日常で大して意識していない持ち物でも、持っている限りは何かがバックグラウンドで実行されている、処分することで容量が開放されるような感覚を感じています。

本を処分したときとは違う感覚

本を処分した時は、感情への負荷が大きく、その分人生の一時代に区切りをつけた満足感がありました。

衣類は大したものではなく、スペースが空く以上のことを期待していなかったので予想外にすっきりして驚きました。

自分の持ち物を把握している感覚

衣類の量が多かった頃は、漠然と「よく分からないが、何か足りないはず」と思っていました。

減らしてみると、「当面着るものは十分に揃っている」「コートがくたびれてきたから、冬になったら新しいのを探す。他は足りている」等、内容を把握している安心感があります。

次の目標

44Lのバッグに衣類がすべて収まるようにしたいと思っています。

 --------------------------------
関連記事

abookshelf.hatenadiary.jp 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

(広告)