アメリカに引っ越す

物が少ない暮らし

更新時に海外住所に送ってくれるクレジットカード:JCB、三井住友VISA、AMEX

海外移住時、クレジットカードの更新

一時帰国時の航空券の支払いや格安SIMの契約の関係で、アメリカに引っ越した後も当分の間は日本のクレジットカードを維持したいと思っています。

そこで問題になるのがカードの有効期限で、更新時に新しいカードを海外の住所まで送ってもらえるかどうか問い合わせてみました。

その結果、JCB三井住友カード、AMEXは海外の住所にカードを送ってくれることが分かりました。

JCBは手数料無料

JCBに問い合わせたところ、私が持っているカードの場合は海外の住所を登録しておけばカード更新時に海外住所に新しいカードを送ってくれるそうで、しかも手数料無料だそうです。(カードによって違うようなので検討中の方は問い合わせてみてください)。

私のカードは、39歳までに申し込んだ人は年会費永年無料なので更に気に入っています。

JCBは海外で使えないことがあるといっても、日本のカードを海外で使うと為替手数料がかかるので積極的に使いたいわけではなく、航空券と格安SIMの利用料を払えたらいいのでこれだけで良いかもと思っています。

それにアメリカ国内でもディスカバーカードと提携しているので全く使えないわけでもないのです。

三井住友は更新カードの送付だけなら1,650円で

三井住友カードは、海外生活ヘルプデスクに登録すればカード更新時に海外住所に送ってくれます(対象外のカードも有り)。カードのみ送付してもらいたい場合は1,650円です。VISAかMastercardで選べるのでどこでも使えます。

ただ、今持っているカードがリボ払いを利用しないと年会費がかかる仕様に変わったのですが、それについて連絡が一切なかった件が引っかかっています(更新:問い合わせてみたら私のカードは手数料が発生するのがだいぶ先なのでまだ連絡がなかったようです)。それで解約を考えていたのですが、今月から年会費無料のナンバーレスカードが出ているのでとりあえず乗り換えようと思い、申し込みました。

ただ、カードの番号を確認するのにアプリから電話で認証しないといけないようで、IP電話でも可能かどうか問い合わせ中です(2021/2/7更新:IP電話は不可、SMSのみでした)

www.smbc-card.com

AMEXは現地カードへの切り替えもできる

AMEXはさすがで、引越し先の国によって現地カードへの切り替えもしてくれるようです。

ただ、現地発行カードに替えてしまうと「海外発行カードは利用不可」の格安SIMが使えないのと、年会費が高いので私の場合は選択肢に入りませんでした。

www.americanexpress.com

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人であるやまだが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
極度にわいせつな内容を含むもの。
禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。